Pythonでfor文の書き方

Pythonでfor文を書くときに、「range関数」を利用して回数指定をすることが出来る。
この回数指定で混乱しやすいため、整理しておく。

 

  • 値を 1 つだけ(繰り返し回数のみを)指定する場合

for i in range(5):
print (i)

上記の様に指定すると、「5 回処理が実施」される。
詳細に説明すると、

・変数 i の初期値を「0」として、
・値を「1」ずつ増加させながら、
・「5」未満の時に処理が繰り返される。

実行結果は以下のようになる。

0
1
2
3
4

 

  • 値を 2 つ(初期値と繰り返し回数のみを)指定する場合

for i in range(1, 5):
print (i)

上記の様に指定すると、「4 回処理が実施」される。
厳密に言うと、

・変数 i の初期値を「1」として、
・値を「1」ずつ増加させながら、
・「5」未満の時に処理が繰り返される。

実行結果は以下のようになる。

1
2
3
4

 

  • 値を 3 つ(初期値, 繰り返し回数, 増加分を)指定する場合

for i in range(1, 5, 2):
print (i)

上記の様に指定すると、「2 回処理が実施」される。
厳密に言うと、

・変数 i の初期値を「1」として、
・値を「2」ずつ増加させながら、
・「5」未満の時に処理が繰り返される。

実行結果は以下のようになる。

1
3